まだまだ君は日常のなかに

 推しに出会って一年が経った。すぐにやめてしまったので二ヶ月も応援できなかった。最後のライブとあの忌々しい知らせからすでに十ヶ月近く経ったけれど、まだ、忘れられない。自分でも重いのは分かってるしストーカー気質すぎるのは分かっている。推しツイッターのアカウントは何個も知っているし、ほとんど呟かないけど監視もしているし、昔のブログやらなんやら、ネットの海の中に推しの欠片をさがしだしては保存してもいる。自分でも気持ち悪いと思う。

でも、好き。もうリアコなんてレベルじゃなくない?彼女がいるとかいないとか考えたくないし実際彼女?といるところを見たわけだけど、でも、好きで、人生で一番好きでやっぱり世界で一番好きな推し。わたしが初めて好きになった人間が、推し。わたしが銀河系で一番好きな生命体が、推し
もうどうしようもない。

どうしていきなりブログを書いたかというと、さっき、深夜特有の憂鬱やぼんやりとした不安やらなんやら(芥川龍之介かよ)やらに襲われ心の拠の推しのことを思い出していろいろ調べネットからまたひとつふたつ新しく推しが存在する証拠を見つけ出したのが嬉しかったから。でもそれと同時に、あのころのわたしのツイートやら推しとの幸せそうな会話を見返して(まあアカウント消しちゃったから見れる範囲でだけど)めちゃくちゃ辛くなったから。割とリアルに涙が頬を伝った。胸が張り裂けそう、まで言わないけれど胸にタバスコ振りかけられた感じ。
あれからもう何にもハマれないのじゃないかと心配してたけどわりとふつうにオタク趣味はできた。でも、男性アイドルには、もうハマれない気がする。女のアイドルはいいものだ、柔らかい。何も考えずヲタ芸をするヲタたちを笑いながら見れて、ステージの上で歌い踊るめっちゃ可愛いアイドルを純粋にアイドルとして見られる。そこにはリアコなんてないから。
男性アイドルはまだやっぱり無理だ。ジャニーズのヲタもやめた。最近はもう話題にあまりついていけない。ほぼトラウマ化している。

 あーーーどうすればいいかわからない。好き、好き。好きでめちゃくちゃ結婚したい。せめてひと目だけでも見たい。つまること会いたい。メールも返事が来ない。もう何も考えたくない、推しとの私信は楽しかった。でももう飽きられたのか?関係を切られたのか?妹みたいって言ってくれたでしょう。
推しに、ひたすら、会いたい。